事業資金 借入 経営者 個人事業主 SOHO


事業性融資は総量規制の対象外だから、心配無用!
個人事業主に柔軟な融資で、
有効な事業資金調達の
方法について解説しています。

個人事業主向けSOHO倶楽部

中国電力さんが設営していたSOHOオフィス「SOHO国泰寺倶楽部」は
広島市中区国泰寺町一丁目8番14号にありました。

広島市のSOHOクラブといえば「広島SOHOクラブ」ですが、2016年春に広島SOHO'クラブは 「ippoひろしま」として、新たなスタートを切りました!

http://ippo-h.com/


個人事業主の事業資金借入は総量規制の対象外

個人事業主は法人と違い経営者と個人が法律上でも同人格なので、事業資金を借り入れる際も、個人として借り入れることになります。その場合に気になってくるのが総量規制の制度による借入限度額の制限では無いでしょうか?

総量規制とは、銀行以外の金融機関などの個人の借入の総額が、原則として年収などの3分の一を限度とし、それ以上の貸付に対しては制限されるという仕組みです。この総量規制には一部に除外される借入、例外となる借入があります。事業資金として借りる借入の場合、事業性融資であるため総量規制の対象になりません。

中小企業や個人事業主にとって比較的に柔軟に利用しやすいのビジネスローンですが、民間のものは担保や保証人などが無くても借りられること、審査時間が比較的短くて審査に必要な書類も少ないて済むので、借入限度額が総量規制の対象にならないとなれば、ノンバンク系の利用が便利になります。

銀行系に比べて、金利は高めですが、審査や様々な点で融通が効くノンバンク系のビジネスローンは中小企業や個人事業主にとって、かなり頼りになる存在になっています。またビジネスローンは融資限度額は銀行系のに比べると少ないのですが、不動産を担保に設定することで融資限度額を大幅に引き上げることが可能ですし、その他の条件も有利になります。

担保や保証人が不要というメリットを活用するか、融資の限度額を引き上げて利用するかを経営の状況に合わせて利用することも可能となっています。

オーナーズセレクトカード

普段お付き合いしている銀行からの融資が望めない、または必要なときまでに間に合わない。こんなときに事業主の強い味方になる事業系融資のノンバンク。でも、何となくノンバンクで事業資金を借りると、金利がすごく高くつくうえに返済が大変になってしまう・・・というようなイメージを持たれていませんか?ノンバンクで事業資金を借入したあと、実際にどのように返済していくのかわかっていれば、きっと安心して借入ができるはずですよね。そこで、具体的な返済方法について確認しておきましょう。 たとえば、「オーナーズセレクトカード」の場合、楽天銀行口座をお持ちの方ならパソコンや携帯電話から自分の都合に合わせて24時間いつでもどこでも返済することができるようになっています。また、ATMからの返済や振込による返済、毎月6日もしくは26日の希望する日に自動引き落としによる返済にも対応可能。返済期日も決めることができるので、自分の都合に合わせて返済を続けていくことができますね。 また、心配な月々の返済額に関しては、契約限度額と借入後残高によって設定されており、たとえば契約限度額が30万円超で借入後残高が10万円以下の場合は、月々の細小返済額は3,000円となっています。ホームページには「返済シュミレーション」も設置されていますので、借り入れ前にしっかりと返済に関する疑問を明らかにすることができ、これなら安心して借入ができそうですね。 事前にしっかりとした返済計画を立てておけば、ノンバンクでも事業資金は安心して借りることができます。銀行からの融資が受けられない場合に備えて、ノンバンクに申し込みをしておくと良いのではないでしょうか。


※オーナーズセレクトカードは、平成28年6月30日をもって、新規申込みの受付が終了とのこと

http://noloan.com/osc/

他の個人事業主・自営業のビジネスローン借入で
おすすめは↓

http://b-jin.jp/business-owner

オリックスVIPローンカード BUSINESS

オリックスグループは世界中で金融事業を手がけている大きな企業です。「オリックスVIPローンカード BUSINESS」は、個人事業主の為のカードとなっています。個人事業主というのは、20歳〜69歳までの業歴がある人のことを指します。株式会社などの屋号を有していない方が利用出来るカードローンとして、「オリックスVIPローンカード BUSINESS」は多くの人に利用されています。 「オリックスVIPローンカード BUSINESS」の特徴は何と言っても「低金利」であることが挙げられます。ご契約枠が設けられており、50万円コース、100万円コース、200万円コース、300万円コース、400万円コース、500万円コースの6コースあり、個人事業主の収入によって契約コースを選ぶことが出来ます。金利に関しては、100万円コース以上の場合には、6.0%〜14.9%です。50万円コースの場合でも、8.0%〜17.8%になります。そして最短で即日審査して貰い、融資を行って貰えるのも魅力です。即日審査なので融資までには少々時間が掛かってしまいますが、直ぐに審査を行って貰えるというのは大きなポイントです。 簡単な契約の流れとしては、WEBにて必要書類を提出して申込を行います。そしてEメールか電話にて審査結果と内容の連絡がくるという流れです。そしてカードが手元に届き次第、契約内容を確認して同意すれば「オリックスVIPローンカード BUSINESS」を利用することが出来ます。出来る限り早く融資を受けたいと考えている個人事業主の方にとっては、即日に審査を行って貰えるのはメリットであると言えるでしょう。審査結果の連絡に関しては平日の9時〜19時までという形になっています。 「オリックスVIPローンカード BUSINESS」に入会しますと他にも様々なメリットを受けることが出来ます。24時間、365日対応して貰えるカードサービスセンターを利用出来るのです。電話での音声ガイドに従って、様々なサービスを受けることが出来ます。残高照会、ご請求金額の確認、振込融資、増額返済の申込など様々です。深夜などの時間にトラブルが発生した際であっても、カードサービスセンターは24時間行っていますので連絡をすることが可能です。 「オリックスVIPローンカード BUSINESS」ではカウンセリングデスクも用意されています。融資の件で疑問に思っていること、不安に思っていること、収支のバランスについての疑問点などの相談が可能です。問い合わせなどだけではなく、相談が出来るというのもポイントです。マネー相談の専任スタッフが対応してくれる形になりますので、不安に思っている点などがありましたら気軽に相談出来ます。カウンセリングデスクに関しては、24時間のサービスというわけではなく9時〜17時20分までとなっているので気をつけましょう。それ以外にもオリックスグループのレンターカー、ホテルなどを優待価格でご利用出来るのもメリットの1つとして挙げることが出来ます。


オリックスVIPローンカードBUSINESSのビジネスローン金利 融資借入の審査基準は?



個人事業主とカードローン

カードローンを利用する個人事業主の方が増えています。個人事業主は自分で仕事の采配ができる魅力がありますが、収入は安定しない傾向があります。成功していれば収入はぐんぐん伸びて行きますが、場合によっては収入が滞ってしまうこともあるでしょう。一時的に資金を補充するため、金融機関からお金を借りたくなるケースもあるはずです。 そんな時は、できるだけ金利が低い銀行を選びたいものです。しかし残念ながら、銀行の審査は厳しいです。収入が不安定だと見なされる個人事業主は、審査に落ちてしまうことも珍しくありません。 「どうにかして、金利を安くおさえながらお金を借りたい」こんな風に考えているなら、カードローンがオススメです。個人事業主向けに作られたカードローンであれば、審査に通るかどうか心配しなくてもすみます。安定した収入がなくても、これまでの収入をチェックして返済能力があると認められれば、ちゃんと審査に通ります。いろいろな会社を比較すれば、金利をかなり低めに設定されているプランで申し込むことも可能です。 カードローンは、持っているだけですぐに融資を受けることができるスグレモノです。何かのトラブルで資金難に陥った時には、心強い味方になりますよ。事業での資金を借りるのはもちろんのこと、プライベートな用途で資金を借りることもできます。海外旅行へ行く時や、子供の教育資金が不足した時など、便利に活用できるのです。年齢制限があるケースもあるので、カードローンは早めに作っておくといいですよ。

個人事業主への融資

融資を受けたいと個人事業主が考えても、意外に難しいことに気付くはずです。個人事業主といってもいろいろな仕事があります。自宅をオフィスにして自分ひとりで行うのであれば、あまり資金は必要ないでしょう。 しかし、事業は取り引き先あってのことですから、何が起こるかわかりません。万が一の時に備える意味でも、資金は余裕があったほうがいいですね。資金がゼロの場合は、何かあった時に金融機関へ融資を頼むしかありません。しかし、定収入のあるサラリーマンと異なり、収入が不安定な個人事業主への融資は条件が厳しいものです。 また、店舗を構えていたり従業員を雇っていたりする場合、資金調達に苦労する個人事業主は多くなります。一時的に資金繰りが苦しくなったけれど、従業員へ支払う賃金だけは、滞らせたくないというケースもあるでしょう。また、店舗設備が古くなったため、売り上げ増進のためにリニューアルしたいケースもあるはずです。こんな時は、金融機関へ融資をしてもらって、何とか事態を改善したくなります。 融資にもさまざまなタイプがあります。しかし、共通しているのは、定収入がない人への審査の厳しさです。いざという時に慌てて金融機関へ駈けこんでも、融資が決定するまでに時間がかかる可能性が高いですね。ですから、普段からきちんと用意をしておくことが大事です。 たとえば、手軽にお金を借りることができるカードを作っておくのは良い方法です。個人事業主向けのカードローンも増えており、以前よりも審査が通りやすくなっていることもポイントになっています。

個人事業主、ローンは組める?

個人事業主は、ローンを借りにくいというイメージがあります。収入が安定しているサラリーマンにくらべて、個人事業主は収入が不安定だと考えられているからです。もちろん、業績が良ければ右肩上がりの収入が得られるでしょう。しかし、お金を融資する金融機関からすれば、「大きな収入はあるけれど波がある」相手よりも、「少なくても毎月一定の収入がある」相手の方が望ましいわけです。そのため、個人事業主がローンの申請に行った場合、審査に落ちてしまうケースもあるのです。 ちょっと不思議な話ですが、金融機関は年収よりも毎月の収入を重視する傾向があります。返済は毎月行われますから、給料日が毎月あるサラリーマンはどうしても有利になってしまいます。そのため、年収1000万オーバーの自由業の人がローンの審査に落ちたり、年収500万円のサラリーマンの人がローンの審査に通ったりするのです。 といっても、必ずしもサラリーマンが金融機関で優遇されているわけではありません。金融機関によっては、個人事業主に向けて企画されたローンも発表しています。これまであきらめていた審査に通りやすくなるのは、大きな魅力ですね。特別なローンは一般的なものよりも、年齢制限があったり、収入のチェックがあったりします。とはいえ、しっかりした収入があると見なされれば、審査はまず問題ないでしょう。「金融機関での融資は無理か...」と考えていた人に、ぜひ確認していただきたいですね。

個人事業主の融資のポイント!

銀行が貸したい個人事業主はこんな人
銀行が事業資金を貸したい個人事業主はこんな人
銀行から融資を受けたい?そんな時に
知っておきたい銀行が事業資金を
貸したい個人事業主の条件とは?
個人事業主はいくらまで借りれる?
個人事業主はビジネスローンでいくらまで借りれる?
融資限度額はどれくらい?
個人事業主がビジネスローンで
どれくらい借りれるのか?

事業者ローンを利用する際に…
個人事業主が事業者ローンを利用する際に気をつけること
ここだけは抑えておくべき!
個人事業主が事業者ローンを
利用する際に注意すべきポイントについて
こんな借入に公的融資は向かない!
急ぎの事業資金借入に公的融資は向かない
公的融資はこんなときに不向き!
急ぎの事業資金借入の課題について
解説します。

個人事業主の事業資金借入先は意外と選択肢が多い

事業資金の借入はどこにする?
意外に多い個人事業主の
借入先の選択肢について解説

事業者ローンの借入はネットからの申し込みでもOK

事業者ローンの借入はネットからの申し込みでもOK
やはり便利!事業者ローンの借入は
ネットからの申し込みが可能です。

個人事業主の融資
銀行融資と公的融資
事業資金とビジネスローン
個人事業主の事業資金借入先は意外と選択肢が多い
New!
個人事業主の事業資金借入先は
意外と選択肢が多い!
その選ぶポイントとは?

銀行や公的融資は担保が必要になるケースも多々ある
PicKup
銀行や公的融資による融資は
担保が必要になってしまう
ケースも多々あるというワケとは?

ビジネスローンの借入から毎月の返済までの流れ
Point
とっても簡単で便利!
ビジネスローンの借入から
毎月の返済までの流れ