事務所を開業するにあたり準備しておくこと

事務所の開業の準備となると、様々なものが必要となってきます。

 

開業,準備,必要 ほとんどの人が最初に思い浮かべるのが【資金】ではないでしょうか。事業資金借入 とにかく資金がなくては何も始めることができないと思っている人は多いのですが、実際のところお金を調達する前にやらなくてはならないことを準備しなくてはならないことは沢山あるんです。

 

●情報収集を行なおう

 

開業をする前に、まずは情報収集を始めるようにします。 インターネットが普及している現在では、インターネットを利用することにより無料で有益な情報を簡単に集めることができるなっています。 例えば、同じ業種の人に体験談を聞いてみたり、開業に向けて必要となるものを事前に調べること、どのようにしたら成功しやすいのかなどを調べるようにします。 情報収集は客観的な情報を集めることに留意しましょう。 よくありがちな「自分語り」での情報というのは、主観的な情報が大量に含まれていることが多く、広い視野で見てみると当てはまらないことが意外と多いものです。 客観性を保ちつつ有益な情報を集めるためにインターネットは欠かせないアイテムだといいます。 もちろん、失敗談などのネガティブな情報も十分に収集しておき、開業におけるリスクも身につけておく必要があります。 それでは、どのようなインターネットのツールを使えば効果的に情報を収集することができるでしょうか。

 

・ブログ= 無料で開設することができるブログが多く登場したため、開業に関することや、実際に開業した人、業界人などの声をリアルにチェックすることができます。 体験談が多数あるため、これから開業する人にとってヒントとなることやアドバイスに繋がるようなことが沢山書かれているので、必ず目を通しておきたいところです。

 

・ソーシャルネットワーク= mixiやface bookといったソーシャルネットワークを利用することによって、同じ業者の人などとコミュニケーションをとることができます。 これによって、先に開業している人からのアドバイスを受けることができたり、サービスを利用しているユーザーの生の声を聞くことができるなどのメリットがあります。

 

・twitter= twitterの最大の強みは、お金を支払うことなく開業コンサルタントなどと知り会う機会を得ることができるということです。 多くの方が利用しているため、無料でどんどん情報を集めることができます。

●人脈を広げておこう

開業する前に、人脈を広げておくことは非常に大切なことです。

 

開業,準備,必要 いきなり知らない人がお客さんとしてあなたの会社を利用するでしょうか。 ほとんどの人は、知っているところのサービスを受けるものです。 そのため、知人や友人からサービスを広げていって、口コミ伝いにどんどん人脈を広げていくというのが最初の顧客獲得の方法となるでしょう。

 

「人脈を広げるのは開業してからでもいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、実際に開業し始めるとやることが多かったり、思ったように利益が上がらず苦しい展開になりがち。 開業前にこそ人脈を広げておくことが大切です。 関係のなさそうな業種の人からの思わぬ仕事が入ってくるというのもよくある話ですので、できるだけ広く人脈を広げるように努力しましょう。

●開業資金を集める

開業に必要な資金というのは、事業計画に基づいて立てていきます。

 

そのため、事業計画ができていないうちは、資金についてはまだ考えるべきではありません。 まず始めに事業計画ありきなんです。 事業計画を立てたら、開業に必要となる経費を計算していきます。 まず始めに考えなくてはならないのが、物件にかかる費用です。 もしも店舗が必要な場合、保証金が必要であったり、前家賃などが必要になる場合もあるので、家賃のおおよそ10倍分ぐらいの金額は用意しておきたいところです。 もしも、事業所を自宅に設置することができる場合は、かなりこの点の節約になるでしょう。

 

開業,準備,必要 次に考えなくてはならないのは、仕事に必要となる道具などです。 パソコンやインターネット環境、電話、プリンターやスキャナーをといった必要最低限な道具をもちろんのこと、業種によっては特有の切り出すようになることもあるでしょう。 また、名刺代やホームページ制作代なども視野に入れておかなくてはなりません。

 

ある程度開業資金を計算することができたら、国や地方自治体が行っている「創業支援融資制度」を利用できるか検討してみましょう。 こちらは、担保や保証がなくてもお金を借りることができるようになっています。運転資金借入 しかしある程度の自己資金がなければ日本政策金融公庫からの融資を受けるのが難しくなるという面があります。 そのため、できるだけ自己資金を用意しておきたいところです。 それぞれの自治体ごとに開業支援制度が異なるため、まず始めに開業しようと思っている市町村の窓口に出向いてみて、どのような融資制度があるのかを聞いてみることから始めましょう。

開業にかかる費用を把握しておこう

自営業として企業を決意し、事業計画書などを作成していくと、開業資金がどれくらい必要になってくるのかといったものを算出していかなくてはなりません。 開業資金には大きく分けて2種類あります。 まず一つが「開業準備資金」。 これは、開業するための準備に必要な資金なのですが、例えばオフィスを借りるのであればオフィスのレンタル料金、オフィスで仕事をするために必要なパソコンなどの道具をそろえるための資金といった具合に、細かく上げていくときりがないほど多くの資金が必要になってきます。

 

そしてもう一つが「運転資金」です。 運転資金というのは、例えば従業員に支払う給料であったり、毎月必要となってくる家賃といった具合に、月々に決まった出費が運転資金に関わってきます。 このように、開業に必要な資金というのはたくさんあり、十分な資金調達の方法を吟味しておかなくてはせっかく起業したとしても失敗に終わってしまうでしょう。 そこでここでは、開業準備のための資金について紹介していきたいと思います。

 

●まずは自分の資金を確認しよう

 

自分の持っている資金というのは、起業を成功させるために絶対に必要になってくるものです。 事前に用意することができる資金の額によって、開業してからの内容が大きく変わってきますし、ローンやクレジットなどの支払いが残っていては、その金額も考慮した上での資金調達が必要になってくるでしょう。

●どのような部分に資金がかかるのかチェックしてみよう

開業資金を準備する上で

 

どのような部分に費用がかかってくるのかというのを確認し、その上で資金の算出を行っていくというのが一般的です。 次のような部分が一般的な費用もかかるところですのでチェックしてみましょう。

 

・店舗や事務所: 店舗を借りたり事務所を借りたりするときにかかる費用として敷金や補償金、礼金、家賃、仲介手数料などが考えられます。

 

・改装工事: 事務所や店舗などをオフィスをして利用するためには改装工事が必要になってくる場合があります。 そのため、内装や外装の工事費や、空調設備費などが考えられます。

 

・備品: 独立開業するためには、仕事用の電話やファックス、パソコンやプリンターは、様々な事務用品などが必要になってきます。

 

・広告や宣伝: 名刺やチラシ、ホームページの作成といった具合に、広告や宣伝にかかる費用も忘れてはいけません。

 

・仕入れ: 商品を仕入れるための費用であったり、材料費であったりと商品に関する費用もきちんと計算しておきましょう。
■自営業の資金調達におすすめのビジネスローン
■ビジネクスト

 

中小企業などの経営状況が厳しいとされている現代ですが、運転資金を確保するためにも、消費者金融などからローンを受けたいと考えている人が増えてきています。 しかし、自営業だとなかなか融通の利くところが見つからないというのが実際のところですが、その人たちから高い人気を得ているのがビジネクストです。 ビジネクストは、自営業などが運転資金を確保する上で障害となっている連帯保証人が原則不要となっています。 融資額は50万円から1000万円となっており、どのような状況においても利用しやすいという魅力があります。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

 

 

 

 

 

■シンキ・オーナーズセレクトカード

 

経営状況が苦しいだけでなく資金繰りにも苦労している中小企業や自営業。 銀行などから融資を受けようと思ってもなかなか審査が通らなくて、思うような資金調達が出来ていないというのが実際のところです。 そこで、シンキ・オーナーズセレクトカードを利用している人が増えてきています。 シンキ・オーナーズセレクトカードでは、保証人や担保などが必要なく、融資を受けることができる金額が5万円から300万円に設定されていて、さらには24時間リアルタイムでいつでも利用することができるという魅力的なビジネスローンを提供しています。 利息に関しては、5万円から99万円が18.0%、100万円から200万円が15.0%、201万円から300万円が13.0%となっています。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

 

 

 

 

 

■プロミス

 

中小企業や自営業などでも手軽に利用することができるビジネスローンとしてプロミスの自営者カードローンがあります。 資金調達の選択肢の一つとして人気を集めており、融資を受けやすいという特徴があります。 実際に、担保や保証人が必要ないので、誰でも気軽に利用することが出来ますし、ビジネスとして利用するだけでなく、プライベートな資金調達としても利用することが出来ます。 借入の金額は300万円までとなっており、当日からの融資を受けることができるといったスピード融資も可能となっているので、中小企業や自営業として利用しやすいビジネスローンだといえるでしょう。

 

詳しくはこちら >>> プロミスの融資条件などのページへ

 

 

■モビット

 

モビットのキャッシング論では、自営業も利用することができるとされています。 貸付金額に関しては、1万円から500万円まで。 金利は4.80%から18.00%までとなっていて、幅広い利用目的に使うことが出来ます。 事業資金として利用することも出来ますし、プライベートな資金としても利用することが出来ます。

 

詳しくはこちら >>> モビットの融資条件などのページへ